経営理念

社是・企業理念

日清製粉グループは『信を万事の本と為す』と『時代への適合』を社是とし、『健康で豊かな生活づくりに貢献する』ことを企業理念として、生活産業をグローバルに展開してゆきます。

社是

『信を万事の本と為す』
『時代への適合』

企業理念

『健康で豊かな生活づくりに貢献する』

信を万事の本と為す

『信を万事の本と為す』

創業者である正田貞一郎は、「事業はつねに社会と結ぶことを念頭に。自分1人が儲けることを考えると事業はけっして長続きしない。すなわち信は万事の本である(信為万事本)」という言葉を残しています。昨今、企業に強く求められている社会的責任や持続可能な成長に向けた思いを創業当初から掲げ、脈々と受け継いできた日清製粉グループ。今後、グローバルな企業グループとして更なる成長を図るうえでも、すべての始まりであるこの精神が変わることはありません。

経営基本方針

日清製粉グループは『信』と『時代への適合』並びに『健康で豊かな生活づくりに貢献する』基本的理念を踏まえて、グループ全体の『長期的な企業価値』の極大化を経営の基本方針とし、コア事業と成長事業へ重点的に資源配分を行いつつ、グループ経営を展開します。

日清製粉グループ各社はこれらの基本的理念を共有しつつ、「自立と連合」を旗印に事業活動を推進します。
即ち各々の事業特性や業界環境に対応して自立性を発揮し最適な事業展開を行うとともに、グループ内外の企業と連合し発展を目指してゆきます。

同時に法令遵守・食品安全・環境保全等の社会的責任を果たしつつ自己革新を進め、顧客・株主・社員・取引先・社会等の各ステークホルダーから積極的に支持されるグループになるよう努めます。

ステークホルダーに対する基本姿勢

企業行動規範・社員行動指針

コーポレートスローガン

コーポレートスローガン

「健康と信頼をお届けする」というスローガンは、日清製粉グループの社是と企業理念をベースとして、グループ各社がそれぞれの事業において「健康」を念頭においた商品やサービスの開発とその提供に努め、またお客様をはじめとしたステークホルダーとの「信頼」を基本に、安心・安全で高品質な製品やサービスをお客様へお届けするという決意を表現したものです。

赤いリボン

赤いリボン

1983年から使用しているシンボルマークで、「幸福の赤いリボン」になぞらえ、「幸せを包み、お客様との信頼を結ぶリボンでありたい」という意味が込められています。